2005年09月30日

なつのせいりせいとん

さて、
すっかり秋めいてきたので、今日はこの夏(7月〜9月)に読んだ本を整理します。
ブログはじめる前のことなので、備忘録的にさらっと。

以下、読んだ順。

『半身』サラ・ウォーターズ
 知人のお薦めだったんだけど、私向きじゃなかったかも。途中でリタイヤ。
 いきなりかよっ☆\(゛Å゛#)
『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野 晶午
 途中で疑問に思っちゃったのが残念だけど、全体によくまとまってるし面白い。
 コレ絶対映画にはできないっしょ。小説ならでは。
『塗仏の宴』 京極夏彦
 やっぱり京極堂が読みたくなって。おどろおどろしい感じが夏にはいい。
『本棚探偵の冒険』 喜国雅彦
『本棚探偵の回想』 同上
 乱歩マニアの漫画家が書いたエッセイ。古本屋に行きたくなった。
『江戸川乱歩傑作選』 新潮社
 本棚探偵に影響されて乱歩が読みたくなった。乱歩ワールド炸裂。
『海辺のカフカ』 村上春樹
 世界観の違う本を読みたくなって。読みやすかった。カラスという少年って羊男みたいなもん?
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』 村上春樹
 カフカを読んだら、やっぱこっちの方が好きだな〜と思って。何度目だろうコレ読むの。
『マジックミラー』 有栖川有栖
 新本格ミステリーもたまにはね。でも、やっぱ時刻表系ってあまり得意ではない。
『読むレシピ』 日本放送出版協会
 ジャンルを変えてみた。
『おうちでも楽しめるカフェのおいしいコーヒーの淹れ方』 成美堂出版
 家コーヒーってほんとうまいっ。ほっと落ち着くよ。
『金閣寺』 三島由紀夫
 純文学などもたしなんでおこう。と思ったけど、内容が重くて、途中で休止。
『嗤う伊右衛門』 京極夏彦
 たまには、京極堂以外の京極夏彦も読んでみよっと。
『龍は眠る』 宮部みゆき 
 いま途中。

いやー我ながらほんと雑読です。
ちなみに次の本も決まってます。

『メロンパンの真実』 東嶋和子

内容は、メロンパンのルーツ・定義・作り方等々。全277ページにわたり真剣に解説してある本です。知ってますか?メロンパンは大正時代からあったということを!目次見ただけでもうわくわくします。即決しました。



ところで、
最近あった私とダーリン(以下、「D」と呼ぶことにした)の会話。

D 「あの、京極堂(詳しくは京極夏彦の京極堂シリーズを読むべし)の妹って何ていったっけ」
私 「あつ子だっだかなー。そうそう中禅寺敦子!あっちゃんだよ」
D 「(少し考えて)そうそう。そのあっちゃんに(私の)顔とか服装とか見た目ちょっと似てるよ
私 「あ、そーおー。(あっちゃんは、できる感じの雑誌記者だし活発でいい子っぽい。うんうん。あっちゃんを好きな男が2人も出てくるしちょっとモテキャラ。うんうん。たまにはいいこと言うじゃないですか。)あれ映画化されたの観たの?誰が妹役だっけ?」
D 「僕も知らないよ。観てない。」
私 「じゃあ見た目が似てるも何もないんじゃ。」
D 「あ、そうだね。本しか読んでないや。」
私 「・・・。」
D 「・・・。」
私 「・・え?」


彼のあっちゃん画像はどうなってるんだ?!
見た目が何と似てるというのだ!!




「この世に不思議なことなど何もないのだよ、関口くん。」by京極堂


ほんとかね。


もしかして、
あの京極版四谷怪談の『嗤う伊右衛門』と勘違いしてる?
じゃあお岩ってこと?

ひぇーーそんなーもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ちい at 22:41| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/adprms/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/adprms/?mode=edit&title=Talk%20to%20myself%20%20%28with%20you%3F%29%3F%40%20by%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fmoonmuffin%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/adprms/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2005年10月01日 03:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7537080

この記事へのトラックバック

読書記録を付けたいけれど×
Excerpt: 読書記録も、まとめてみると意外なことに気付いたりする
Weblog: 徒然記録簿ver.2
Tracked: 2005-10-09 18:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。