2005年11月11日

人間そっくり

『人間そっくり』 安部公房

−あらすじ−
《こんにちは火星人》というラジオ番組の脚本家のところに、火星人と自称する男がやってくる。はたしてたんなる気違いなのか、それとも火星人そっくりの人間か、あるいは人間そっくりの火星人なのか? 火星の土地を斡旋したり、男をモデルにした小説を書けとすすめたり、変転する男の弁舌にふりまわされ、脚本家はしだいに自分が何かわからなくなってゆく・・・・・。異色のSF長編。 〜新潮文庫 背表紙より


−私の感想−
相手が狂気の地球人なのか
自分が正気の地球人なのか

相手が正気の人間そっくりの火星人なのか
自分が狂気の人間そっくりの火星人なのか

相手が正気なのか
自分が狂っているのか

立ち位置がだんだんわからなくなってくる。
そして最後には、取り込まれる。

妙にリアリティーを感じながら、ざらつきが残る。
この感覚は、『砂の女』にも通じるものがある。

少しの状況説明とほとんど会話文だけで、ここまでの世界観を描くことができるものなのか。
それにつけ、文章が美しい。
夜読むと、眠くなくなるよ。


  
posted by ちい at 21:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まじめに自問〜そして自答?

ここで自分のブログについて考えてみる。

単なる思いつきでブログを始めて、約2ヶ月たちました。
全くもってブログ素人なので「初めてのおつかい」的にきましたが
ざっと振り返ってみて、このまとまりのなさに、愕然としました(T-T)。
何のテーマもないので、至極当然の結果なんですが。


でも、日常のいちいちを文章にすることで、自分を構成している柱が少しわかってきた気がします。
それだけでも収穫です。
一言にするなら「全てを吸収してなお楽しく生きていきたい」ということ。
世の中に起きていること、書かれていること、面白いこと、辛いこと、目を背けずに。



なーんて偉そうに言いましたが、今の悩みはこんなもの。

 テーマを絞ったブログに変えた方がよいものか。

 欲張りな私らしく、あれもこれもと、このままいくか。


で、考えたんですが、結局これっていう答えはでませんでした。
今は、とりあえずこうやって何か書き留めていくことに意義があるかもしれないという、弱気な思いで行こうかと。
ありきたりですが「参加することに」系です。
いつかテーマを絞るかもしれませんが、今は絞りきれていません。
だって、時には日記も書きたいし、作ったものも残しておきたいし、本だって映画だって、いずれも捨てがたいんですもの。

ブログは不思議ですね。

自分の超プライベートなことを書いているのに
ブログという形式で公開していると、誰かにみてもらいたくなるものですね。

コメントなり、TBなり、他の人から関心をよせていただくと、うれしいものですね。

他の人が、どんなブログしてるか気になってきますね。

私が小学生のとき流行った(もしや地域限定?)、グループ交換日記揺れるハートみたいなものかしら。


とにかく、
何も変わらないのもなんなので、デザイン変えてみました。

では、心機一転。
posted by ちい at 21:26| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

みかんの正しい食べ方とは

今日は、前々から気になっていたこの「みかんの正しい食べ方問題」に迫ってみました。
大雑把に大別すると、

1. 白いスジだけ簡単にとり、房ごと食べる人
2. 房もスジも気にせず丸ごと食べる人
3. スジをていねいにとり、房も吐き出す人
4. 夏みかんのようにひと房づつむく人

の4パターンに分けられるのではないか? という仮説をひとまず立ててみた。

で、20人ほどの人にアンケートをとってみたところ、なんと半数の10人が、1.の「白いスジだけ簡単にとり、房ごと食べる」というダントツの結果に! そして、私と同じく、2.の「房もスジも気にせずそのまま食べる」という人は3人。あとの7人は、3.の「スジをていねいにとり、房も吐き出す人」だった。4.の夏みかん方式の人はゼロ。

エキサイト ニュースより 2005年11月07日 10時00分

この手のはなし、私のモロ好みハートたち(複数ハート)
むしろもっと徹底的な調査と分析を望むくらい、好きです。
あややのCMばりに「だいすき!」と言いたい。


ーーーすみません、ちょっと無理しました(^^;)

ちなみに、私のみかんの食べ方も大多数の1.です。
へたの方からむいた方が、一気に太い筋がとれるとわかっていながら、
どうしても凹んだおへその所からいってしまいます。

てゆーか、日本人が一番多く食べている果物はバナナが1位なの?


食べ方系では、こんなのが他に気になります。


たいやき
1.しっぽからいく
2.頭からいく
3.手で二つに割ってから、中からいく
4.その他

私は、気分次第で1.と2.のいずれか。
こころに余裕があるときは、1.しっぽからいき、楽しみを最後にとっておきます。
そうそう、お店で買ってきた「たいやき」家で空けたら「しなしな〜」なんてことよくあります。
そんな時は、オーブントースターで30秒チンすると、できたて感が復活します!


チョココロネ
1.細くなっている方からいく
2.太くなっている方からいく
3.細くなっている方をちぎって、太くなっている所のチョコをつけながらいく
4.その他

ちなみに、『メロンパンの真実』で出てきたチョココロネの正しい食べ方は3.だそうです。
あと、東区チョココロネアカデミー なるものも発見しました。
何ごとも研究するってすばらしいです。うんうん。


ついでに、(といっては失礼ですが)
信玄餅の製造元が推奨する食べ方 なんてのもありました。
次回からやってみます。



 read more
posted by ちい at 22:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ラブロマ

4063143309.09.TZZZZZZZ.jpg
毎月ひそかに楽しみにしていた『ラブロマ』の連載が終わった。。

これは、「星野くん」と「根岸さん」という高校生カップルと、二人を取り巻く人たちによる、いうなればラブコメティー漫画。ちょーかわいい黒ハート
天然系超ストレート直球勝負の星野くんに対し、根岸さんは最初は戸惑いながらもつっこみつつ、二人の信頼関係は徐々に深まっていくわけです。
この二人の掛け合いは、ほほえましくて最高に面白い!
外野の友達も、それぞれの家族も、キャラたってます。
いつも読み終えると、健やかに楽しい気分になったものです。


・・・そう、例えるなら『ちびまるこちゃん』が昔々(あたいの小学生時代)
「リボン」に連載されていて、まだアニメにもなっていなかったころ、
ひっそりと友達と楽しんで読んでいたときの気分にちょっと似てます。

そういえば、もうひとつ、当時ひそかにきてたのは『お父さんは心配症』
愛するがゆえの変な行動する人ばっかり出てきて、行き過ぎ感ありありのギャグ漫画。
大人になって、また読んだらどんな感じでしょう?

あぁ当時は「リボン派」「なかよし派」のあくなき派閥争いがあったのを思い出します(遠い目)。。


それにしても、ラブロマ。
そんな気配は近ごろずっとあったんです。
星野くんの頭の中が「みかん」だらけになって、ねぎちゃんも真剣に悩んで、
それで二人が「みかん」問題をクリアした後あたりから。
いよいよ二人の卒業も近づいて、どうなるの?どうなるの?と思ってはいたんです。
そして、ついに。


連載終了もうやだ〜(悲しい顔)

最後まで、清涼感を残して終わりました。

単発での続編とか、出たらいいな。

出そうじゃない?遠恋編とか。番外編とか。(希望的観測)
posted by ちい at 23:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

ショルダーバックの新しい使い方

京極夏彦の京極堂シリーズの本は、どれもぶ厚い。
上下巻とかに分けないのが、こだわりらしい。
この度 一応 読了したのは 『絡新婦(じょろうぐも)の理』

一応とつけたのは、
登場人物が多く、話の伏線もたくさんあるので、読み進むうちに細かいことが混乱してくる。
 そのうえ
シリーズの別本の人とかも出てくると、もうダメ。
どこで出てきた?と思っても、またその厚さから、そっちを探し出す気もしない。

細かく人物相関図を書きながら読んだらよいものか。
と思い登場人物を数えてみた。


・・・・60人を超したところでやめた。

とりあえず、ふわっとした状態を残しながら、そのまま読み進んでいく。
そうすると、最後の最後には、自分のもやもやまでもが落とされてる気がする。
さすがの”憑き物落とし”。

それにつけ、すごく好きだけど、この本の面白さ全てを消化しきていない気がする。

だから。一応。


とにかく、しつこいようだが、この度はとりわけぶ厚い。
読む前は、ちょっと怯んでしまうほどだ。
ちなみに、私はコレを後回しにして「塗仏(シリーズ次の本)」へ行ってしまい、後悔の嵐。
怯んでいる間に計測したところ、重さ645g 厚さ530mm のあっぱれ1389ページ。
諸君!お手持ちの本と測り比べてみてほしい。
ないから!これ以上厚い文庫本!!

少なくとも、うちの本棚には辞書以外に。


かくいう私は、電車の中で本を読むことが多いので、基本的に文庫を好む。
確かに、これも文庫なんだけど。

 重くて手が疲れるのよ。
 周りの人が一瞬驚いてるのよ。(たぶん厚さに)
 かばんの中の空間を一番占領しているのよ。
 助けてくださいー。誰かーーー。

と車両の中心で叫びたい。


そこで最近、とてもいい発見をした。
斜めがけショルダーバックだ。
バックの部分を前にもってきて、その上に手と本を置くと、、、
あ〜ら不思議。重さ半減。
これであなたも安心、明日から京極本も恐くない。(深夜TVの通販風に)

read more
posted by ちい at 22:23| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

シティ・オブ・ゴッド

city of god.jpg シティ・オブ・ゴッドをみた。

−あらすじ−
1960年代後半、リオデジャネイロ郊外に新設された公営住宅シティ・オブ・ゴッド。そこに住む強盗の青年カベレイラ(ジョナタン・ハーゲンセン)は、弟分リトル・ダイス(ドグラス・シルヴァ)の考案したモーテル襲撃事件がもとで、警察に銃殺される。70年代に入り、他の街に身を隠していたリトル・ダイスは、リトル・ゼ(レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ)と改名し、シティ・オブ・ゴッドを乗っ取るために戻ってくる。親友ベネ(フィリピ・ハーゲンセン)と共に麻薬ビジネスで大成功をおさめた。しかしベネは女性と恋におち、残忍なリトル・ゼに別れを告げる。だが送別会で、ベネはリトル・ゼと敵対するギャング、セヌーラ(マテウス・ナッチェルガリ)の弟分の銃弾に倒れる。70年代末期。リトル・ゼに恋人をレイプされ、家族を殺されたバス車掌のマネ(セウ・ジョルジ)は、復讐のためセヌーラと手を組み、抗争が勃発。シティ・オブ・ゴッド出身のブスカペ(アレシャンドレ・ロドリゲス)は、リトル・ゼのアジトで撮った写真が新聞社に買われて仕事を獲得し、ジャーナリストの道を歩み始めていた。やがて抗争は激化し、リトル・ゼもマネも死亡。ブスカペはリトル・ゼの遺体を撮影し、成功への道を手にするが、一方街では、ギャングと化した子供たちが銃を手に群れているのだった。


−私の感想−
実は、内容を知らないで観たんだけど、「いい映画」だった。
確かに、スラムの荒んだ雰囲気そのまま出てるし、銃で人がたくさん死ぬ。
子供も大人も撃ち合う。
暴力的な映画はわりと苦手なのだけど、これはずっと目を離せない。
『トラフィック』や『スナッチ』に似たスピード感がある。
重いといえば重い内容なのだけど、淡々としているように感じるのは、実話だからでしょうか。
これは、みるべき作品。
posted by ちい at 20:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイートポテト

今日はお休み。
そして、すばらしい秋晴れ。

こんな日は、
バンプのjupiterを久しぶりに聴きながら
秋を堪能すべく「スイートポテト」製作。


IMG_0323_1.JPG

焦げ目がイマイチだー。
裏はけっこう焼けてんのよね。ショック。
人様に差し上げようかと思っていたんけど。。。
まあ、手作りっぽさが出てるかもね。
posted by ちい at 18:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オウチで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

生田緑地へ

生田緑地は、まさにその名の通りの緑地で、ここが川崎?と思うほど沢山の木々に囲まれている所です。
IMG_0314.JPG

ここのプラネタリウムは、かなりすごいです。
何がすごいって、星の数ぴかぴか(新しい)がはんぱない。
幼い頃に見たプラネタリウムのイメージとはちと違います。
大人でもかなり圧倒されます。
「天の川」見えますよ。ほんと。
ここの投影機(メガスターII)を独自に開発された大平貴之さんの半生をモデルとして、
この夏フジTVの「星に願いを−七畳間で生まれた410万の星−」堂本剛さん主演でドラマ化されています。


そして岡本太郎美術館。                       
せっかく川崎に住んでるのだから、一度行ってみようと思いまして。
常設展のほか、「北大路魯山人と岡本家の人びと」という企画展を現在やっています。
IMG_0317.JPG
岡本太郎の作品は、なかでも彫刻・オブジェから、芸術は爆発だ!のエネルギーと生命の力強さとやさしさとが伝わってきました。
北大路魯山人といえば、「美味しんぼ」で出てきた「魯山人風すきやき」程度しか知らなかったですが、器の作品とても良かったです。
古くて新しい感じと、繊細さ、作品一つ一つの完成美がありました。

このお二人の関係は、元々は岡本太郎のおじいさん(書家)に弟子入りした魯山人が岡本家に居候していたことに始まったそうです。
そんな訳で、太郎と魯山人は親戚のように親しいお付き合いだそうで。
さすが非凡人同士。

read more
posted by ちい at 21:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ピザ

pizza2.JPG pizza1.JPG
焼きました。

今日のレシピメモ。

【生地の配合】 クリスピータイプ 4枚分
強力粉 120g
薄力粉 160g
ドライイースト 6g
砂糖 小2/3
塩 小1
オリーブオイル 大1+1/3
水 145cc

【具アレンジ1】
トマトソース ※
スライスオニオン
じゃがいも
ハム
たまご
アンチョビ
こしょう
チーズ

電気オーブン300度で7分 200度で5分


【具アレンジ2】
トマトソース ※
スライスオニオン
じゃがいも
ハム
ほうれんそう
なす
チーズ

電気オーブン300度で7分

※トマトソースは作りおきを使用。
 ホールトマト 1缶
 にんにく 1かけ スライス
 オニオン1/4個 みじん切り
 オリーブオイル 大2
 塩、こしょう、砂糖 適量

煮立ったら30分くらい弱火で煮込む。
冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月くらいはよゆーで日持ちする。
ピザにもよし、お魚やお肉にのソースにしてもよしと、とても使える。

【感想】
生地は、強力粉100%で作るより、ぱりぱり感が増した。
具1の方は、やや焼きすぎな感じ。たまごが余熱で固めるくらいでちょうど良いかも。次回は2分ほど短縮してみよう。
これは、タバスコよりも、唐辛子オリーブオイルをつけて食べた方が合っていた。
味は上々!





posted by ちい at 22:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オウチで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母校と乱歩

先日読んだ本のなかの 
『本棚探偵の冒険』 『本棚探偵の回想』 喜国雅彦
本棚探偵の冒険.jpg本棚探偵の回想.jpg

これは、江戸川乱歩マニア&ミステリ古書収集家&漫画家 と3拍子そろった著者による
増え続ける本をいかに美しく本棚に飾るか 〜 古本屋めぐり 〜 本の作り方まで
ミステリー本へのオタク的こだわり(暴走?)を垣間見るエッセイ。
ついついニヤリと、ときに驚愕し、はたまた抱腹絶倒してしまう。
電車のなかで読むには危険な本だ。

ふんふん、古書はおもしろ恐ろしい世界だ、と進んでいくと
突然わが母校の名前が出てくるじゃないですか。

−この著者も−あの京極夏彦も
聖地のごとくうやうやしく狂喜乱舞した「旧乱歩邸」を購入したと。
本棚探偵の中で、レプリカがウン十万円の本として何度も出てくる「貼雑年譜」のホンモノをはじめ、たいそうな蔵書があるらしい。

恥ずかしながら、それまで乱歩と母校がゆかりがあるなんて知らなかった。
ちょっと調べてみたら
乱歩の出身大学は早稲田だったから、同門っていうわけじゃないのね。
でも、終の住処となった「幻影城」は大学に隣接したところにあったのね。
そして、ご子息が教授(のち学長)だったのね。

返す返す、知らなかった。
学生時代は何を見て生きていたんだろうー(長音記号1)


久しぶりに母校のHP開いたら
創立130周年記念事業と称して、乱歩邸の記念サイトなんてのも出来てる。

2005年10月は「乱歩月間です」  
 ん?

ホームカミングデー来場者への乱歩邸特別公開 日時:10月30日
 お!

ちょっとまったー!(ねるとん風に。・・・このへんで年がばれる。) 
明日じゃん。

たしか、数日前にホームカミングデーの案内来てたぞ。
いつも見ないで捨てちゃうけど、まだあったかなー。

それまで乱歩邸って、
ふーーん、すごそうだー程度にしか思ってなかったんだけど、
行けると思ったら急に身近になって行きたくなってキターーー。


人の欲とは、かくもありなむ。
まあそのーいわゆるーひとつのーミラクルですね。
posted by ちい at 17:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。